October 12, 2009

零戦二一型(1/87)

20091012zerofighter 書店で「日本陸海軍機大百科」の創刊号、零戦二一型 790円を見つけた。いつもながら創刊号だけ買う癖が付いてしまった。次号からは高くなるためだ。プラスチックではなく、ダイキャスト製でどっしり重い。1/87の縮尺。両翼の長さは約14cm。(実際は12.00m)プロペラを付けるだけ。 ピトー管やアンテナ棒も付いている。操縦士も乗っている。翼の右端には(右のミドリ)、左端には(左は緋のアカ)。残念ながら脚は引っ込んだまま。プロペラは三枚羽根(初期は二枚羽根)。 (MASA)

|

February 13, 2007

硫黄島の星条旗

Iouusa ジェイムズ・ブラッドリー/ロン・パワー著 島田三蔵 訳
文春文庫 588頁 2006/12/25 第7刷 952円

準備中 (MASA)

[硫黄島]のカテゴリーを新たに作りました。

|

January 30, 2007

『硫黄島に死す』

Ioujima0 城山三郎 著 新潮文庫 322頁 平成18年12月20日 第27刷発行 514円 第一刷は昭和59年7月25日発行のベストセラー
 また、硫黄島を見つけてしまった。
この本は、栗林でもなく市丸でもない、バロン(男爵)西中佐の話から始まる。西は硫黄島に渡る前に、部下に対して数日の休暇を与え家族との別れを過ごさせる。彼自身も二日間、東京に行き妻子と会うが、ロスアンゼルス・オリンピックで乗った愛馬「ウラヌス号」にも別れに行き、鬣(たてがみ)を切ってお守りとして懐に入れる。…

読み中 (MASA)

|

January 20, 2007

17歳の硫黄島

17ioujima_1秋草鶴次 著 文春新書 2006/12/10 第一刷発行 262頁 800円
 また、見つけてしまった。硫黄島。生存者秋草氏の証言。
 秋草さんは志願兵として硫黄島に赴任させられたが、通信科の任務に当たっていたため、過酷な塹壕堀りは免除された。だが、地熱の凄い地下で、汗をかきながら暗号の解読、敵の傍受に明け暮れた。汗で暗号解読書が消えてしまったこともある。3月26日に玉砕と伝えられているが、彼は約三ヶ月生き延び、捕虜となってアメリカ各地を転々とする。昭和21年1月に復員。帰国後すぐ、体験をノートに書き綴っていた。両親が生存中は悲惨な生き様を見せなかったという。…
 はじめに
第一章 米軍上陸は近い
第二章 情報収集
第三章 米軍上陸
第四章 擂鉢山の日章旗
第五章 砲撃と負傷
第六章 玉名山からの総攻撃
第七章 壕内彷徨
第八章 一瓶のサイダー
第九章 石棺
 おわりに
読み中(MASA)

|

January 12, 2007

硫黄島の地殻変動について

JAXAから今日、メールが届きました。
人工衛星「だいち」による地殻変動を観測。
①硫黄島の中央部の元山付近が、20cm上昇している。
②南東部で数cmの隆起がある。
硫黄島の火山活動は、やや活発な状況にあるとのことです。
硫黄島の詳しい画像が見られます。(MASA)
http://www.jaxa.jp/press/2007/01/20070112_ioujima_j.html

|

January 11, 2007

栗林忠道

Kuribayashi_1 柘植久慶著 PHP文庫 331頁 2007/1/5第1版2刷 629円 また、硫黄島を見つけてしまった。
 書名はズバリ栗林忠道。作戦面が詳しく書かれている。(読み中)
硫黄島が東京都に属することを知らない人が多い。アメリカから帰って来た友人に聞いたら、「えっ、アメリカじゃないの?」と問い正されてしまった。擂鉢山に星条旗を立てた映像が眼に焼きついているからだろう。現在、自衛隊と米軍の施設があるが、墓参のような具体的な目的が無い限り自由に渡航できないらしい。そこで、カシミールで訪ねることにした。東京から南下して南海の孤島がやっと見えてきた。東西8km、南北4km、平坦な島に擂鉢山(標高161m)が見えてきた。岬から擂鉢山を眺めてみた。日本の兵団司令部は北部の○付近。兵士もこんな具合に見えていたのだろう。合掌。(MASA)Tokyoiou

|

December 27, 2006

硫黄島の戦い DVD

Ioujimadvd WORLD WAR Ⅱ 第二次世界大戦全史
ドキュメンタリーDVD VIDEO 500円

エピソード1 硫黄島の戦い

エピソード2 ビルマ戦役

|

December 26, 2006

硫黄島いまだ玉砕せず

Ioujima 上坂 冬子著 WAC BUNKO 2006/12/20初版発行 285頁 933円
また、新館本を見つけてしまった。
 硫黄島玉砕の五ヶ月前、後に来島した栗林忠道中佐と硫黄島死守の戦術(米軍の上陸まで、島内に潜み待ち伏せ攻撃。)と米軍と水際で対戦し、上陸許すまじの意見が合わず、一人更迭された帰国していた海軍大佐、和智恒蔵の話。終戦直後に仏門に入り、日米の戦死者の慰霊に生涯を尽くした。…読み中 (MASA)

|

November 30, 2006

栗林忠道 硫黄島からの手紙

Kuribayashi 「栗林忠道 硫黄島からの手紙」栗林忠道著 解説:半藤一利 2006年11月15日 第三版 文芸春秋社ハードカバー 173頁 952円
 太平洋戦争最大の激戦地、硫黄島。綿密な防御戦術で米軍を恐怖に陥れた名将は、家族へ愛情あふれる手紙を送り続けた。
 かくも品格のある日本人がいた
最初の手紙から、遺書めいています。そして、家族を気遣っています。その全41通。
昭和19年6月25日 妻・義井、子供達宛◎此の手紙は他人の眼にふれさせぬ事又内容をしゃべらぬ事
昭和19年6月25日 次女・たか子宛○たこちゃん元気ですか?
昭和19年7月6日 妻・義井宛○此の島が敵に取られれば東京は否応なく空襲があるから私は疎開した方がよいと思います。
昭和19年8月2日 妻・義井宛○私事は相変わらず不自由な生活をして、
昭和19年8月9日 妻・義井宛○今日は主に空襲の模様を書きますが、東京近辺が空襲されるようになれば何等かの参考になろうと思います。
昭和19年8月19日 妻・義井宛○たか子の疎開は結構でした。
昭和19年8月19日 長男・太郎宛○父は貴殿が人並以上に気弱き事が一番心配
昭和19年8月25日 妻・義井宛○矢張り清水のない事が何より苦痛です。
昭和19年8月31日 妻・義井宛○学校は目白の女子大か荻窪の女子大がよくは
昭和19年9月4日 妻・義井宛○こうして手紙が書けるのも後何遍あるか?
昭和19年9月6日 妻・義井宛○当地は先便にも申す通り毎日かかさず空襲があり…
昭和19年9月12日 妻・義井宛○私も米国の為こんな処で一生涯の幕を閉じるのは残念ですが、一刻でも長くここを守り東京が少しでも長く空襲されない様祈っている
昭和19年9月20日 次女・たか子宛○たこちゃんの字の間違いを申します。
昭和19年9月26日 妻・義井宛○空襲は相変わらず毎日夜、昼一回ずつかかさず
昭和19年10月4日 妻・義井、長男・太郎、長女・洋子宛○空襲は相変わらず毎日…
昭和19年10月10日 妻・義井宛○子供達へのカタミ分けのつもりで送った一寸したものが着いたそうで安心した。
昭和19年10月10日 長男・太郎宛○殊に戦局は日一日と悪化し、父の生命の如きも風前の灯火で
昭和19年10月19日 妻・義井宛○さて現在の戦局から考え、東京空襲は必至と
昭和19年11月2日 妻・義井宛○敵は近く大型機を以って東京空襲をやるかも知れ
昭和19年11月2日 長男・太郎宛○戦局は日に日に悪化し、当地も日本内地と何時連絡が絶たれる様になるか分からない迄になって来たので、今後はもう手紙も出せなくなるだろうと考えて此の手紙を書く訳だから、よく気を留めて読んで貰いたい。
昭和19年11月17日 妻・義井、子供達宛○東京は最近B29が偵察に行った為、空襲警報が出たようですが、驚いたでしょう。
昭和19年11月17日 次女・たか子宛○たこちゃん!元気ですか?お父さんは元気
昭和19年11月19日 妻・義井宛○前略 私は相変わらず丈夫で働いています。
昭和19年11月26日 妻・義井宛○去る二十日東京にB29の空襲があったことを知り大変心配しましたが、…
昭和19年11月26日 次女・たか子宛○たこちゃん!田舎はもう寒いでしょうから、いつもよく気をつけて風をひかないようになさいね。
昭和19年11月27日 長男・太郎宛○さて今日は11月27日、お前の誕生日であるがしかも満二十年の誕生日で誠に意義が深い気がする。
昭和19年11月28日 妻・義井宛○…お勝手の床板の隙間は塞げたであろうか?
昭和19年12月8日 妻・義井宛○この頃よく夢を見るが多くはお前さんとたか子に関係した事である。
昭和19年12月11日 妻・義井宛○半ズボンは長ズボンに改めました。
昭和19年12月15日 妻・義井、子供達宛○東京も亦之れと同じように夜中、明け方にも空襲があるようだが
昭和19年12月22日 妻・義井宛○東京も毎日のように空襲がある様になって
昭和19年12月23日 次女・たか子宛○たこちゃん、お父さんは此の間又たこちゃんの夢を見ましたよ。
昭和20年1月6日 妻・義井宛○私はまだ無事息災ですら御安心下さい。
昭和20年1月15日 長男・太郎宛○甲府でも爆撃が無いとは限らないから決して油断しない事が肝心です。
昭和20年1月8日 妻・義井宛○当地も近頃はめっきり寒くなり昼は日向ぼっこしたい
昭和20年1月18日 妻・義井宛○…どうか呉々も丈夫でそして長生きをして下さい。
昭和20年1月18日 長男・太郎、長女・洋子宛○…それでは之れで左様なら。
昭和20年1月18日 次女・たか子宛○…生きて帰れない方が多いかも知れません。
昭和20年1月21日 妻・義井宛○…本土空襲の「B29」はサイパン基地に今百四、五十機であるが四月頃には二百四、五十機になるらしいから、
昭和20年1月28日 妻・義井宛○前略・私は相変わらず達者です。
昭和20年1月28日 次女・たか子宛○たこちゃん、一月六日の手紙は中々よく書けていましたね。
昭和20年2月3日 妻・義井宛○烈しい空襲が相変わらず続いているに拘らず、私は依然元気です。…では飛行機が出るらしいから之で止めます。
左様なら 妻へ 良人より

|